カテゴリー: 書籍

A.W.シェフ 「嗜癖する社会」

 

A.W.シェフについて:

Anne Wilson Schaef|1980年代の半ば以後、嗜癖の領域で活発な講演、著作活動を展開しているアメリカのセラピスト。「リビング・プロセス・ファシリテーション」という機関を運営して精神保健専門家の指導にあたっている。

 

日本では1987年に出版された本ですが、依存症について

わかりやすく解説してあります。

興味深い点を以下にいくつかピックアップします:

 

依存の種類には大きく

 

  1. Substance(物質)
  2. Process(行動)
  3. Relationship(関係)

 

があり、

 

Substance:お酒、薬物、食べ物など

Process:ギャンブル、自傷行為、ワーカホリック、買い物、お金をひたすら貯めるなど

Relationship:共依存など

 

となります。

 

中でも、「共依存」という関係性に関する依存はよく聞く言葉ですよね。

 

共依存という言葉は心理業界の業界用語のようなところから始まり、

それが自助グループなどを通して一般の方へも広まっていきました。

 

過度に相手を自分に頼らせようとすることも、

また過度に相手を頼ろうすることも共依存といえます。

 

自分を頼らせて離れられないようにしたり、

また、自分の面倒を見ざるを得ないようにして

相手をコントロールしようとしています。

 

「嫌いだけど一緒にいる」

「もう別れようと思っているのに、別れられない」

 

といった、行動と感情が相反しながらも一緒にいることも

特徴の一つです。

 

あらゆる嗜癖は、親などの存在に対する感情が

満たされなかった場合に登場します。

 

依存する人(嗜癖者)は、自分が無力な存在だと

無意識に感じており、自分の人生に対して責任を

持てないと思っているので、ひたすら救いを待ちます。

 

そして救いを待っている間にも、嗜癖は悪化していきます。

または、自分の無力感を認めたくないことから、人やものを

支配、コントロールしようとします。

 

嗜癖行為をしている間は自分と向き合わなくて済むため、

嗜癖者は自己中心的で、他人に気配りできなくなることが

多いです。

 

他人と自分の境目があいまいであり、白黒思考も特徴的です。

 

支配されることや、支配に従うことが愛情だと思っているので、

「自由にしていいよ」「自分で決めていいよ」と言われると

とまどってしまいます。

 

様々なことをコントロールしておかないと不安になって

しまうのですが、物でも人でも完全にコントロールすることは

不可能です。

 

そして「コントロールできない」という気持ちから、今度は

抑うつ感情が生まれます。

 

回復のためには

・嗜癖を認めること

・人生はコントロールできないものだと悟ること

から始まります。

最近読んだ本3冊

最近読んだ、アダルトチルドレンに関する本3冊です。

個人的に大事だなと感じた事の抜粋です。

■アダルト・チャイルドが人生を変えていく本

アスク・ヒューマン・ケア研修相談センターによる書籍2冊。
アルコール薬物問題全国市民協会が設立した会社で、アディクション、家族関係、心の問題をテーマに
出版・研修をしています。

・ACのもつ生きる苦しさは、他人中心で自分が喪失しており、自分がどう生きたいか分からないこと。

・境界を意識する。
身体の境界 疲れたら休む、自分の心地よさを大事にする、侵入されている感じのものからは遠ざかる。
感情と意思の境界  他人の感情に責任を持たなくていい。
責任の境界 何でも自分のせいと思わず、その本当の責任は誰のものかをはっきりさせる。

なぜか不安、怒り、虚しさを感じたら、境界を侵されている証拠かも。
「この人が不機嫌そうなのは私のせい?」と思ったら、「そうじゃない。相手が不機嫌なのは相手の責任」ととらえなおす。

・やめたいコミュニケーションパターン:
攻撃的になること、いやなのに我慢すること、はっきり言わずねちねちすること。

・ラスの感情表現はできるだけたくさん心がけ、マイナスの感情表現はやわらかく伝える工夫をする。

・身体を動かす、アファーメーションの言葉をかける、芸術や音楽にふれる。どれも回復のために有効。

・やりすぎているときのサインに気づく。周囲の人を避けたくなったら、我慢のしすぎなのかも。

■アダルト・チャイルドが自分と向き合う本 アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター

・自分の過去を振り返ることは大変な作業。
「自分をほめてあげる、自分の感じていることを誰かと分かち合う、つらくなったら無理しない」を守りながら進めよう。

・親や人目を気にしながら生きることはバックミラーばかり見て運転しているようなもの。
「これからは前を見て運転する」と自分で決められたら、回復の準備ができたしるし。

■インナーマザー あなたをせめつづけるこころの中のお母さん
精神科医の斎藤学さんの著書。

インナーマザーは自分の怠惰、無能、醜さを責め、一時も休ませてくれない。

ACのサバイバーとスライバー。
サバイバーであることを主張する必要がなくなったら、スライバー。

父親は母子の関係を断ち切る刀のような役割。

一人前の男、良妻賢母という役割に男女双方が疲れている。

母親のもとを去るのは悪いことではない。大人同士の付き合いを始めるために必要なプロセス。
自由に生きることに罪悪感がある。
でも、母親の「かわいそう」と思わない。

アファーメーションはとても簡単。「これでいいのかな」と不安になったら、「これでいい」と都度自分に言い聞かせるだけ。

自分を愛することができる人は共感能力も高いので、人とつながることができる。

アダルトチルドレンに関する本など 4冊

最近読んだ、アダルトチルドレンと関連の深い本4冊です。

自分が面白いと感じたところ、大事だと思ったところを箇条書きしています。

 

【いじめのある世界に生きる君たちへ】 中井久夫

「かつていじめられっ子だった精神科医」が、子ども向けに分かりやすい言葉で書いた本です。小学校高学年向けぐらいの子でも読めるような表現で、絵本のような装丁で、「いじめとは何か」ということを説明してあります。

 

・いじめの見分け方は立場の入れ替えがあるかないか。「常に鬼ごっこの鬼」など、役割が固定していたらいじめの傾向としてとらえる必要がある。

・家で支配されている子がいじめっ子になりやすい。

・権力欲は多くの人を巻き込み、しかもキリがない。

・いじめを受け孤立すると、いじめられている本人は「自分はいじめられても仕方ない人間だ」という思い込みができる。

・「あと二週間待てば転校だから/クラス替えがあるから」と言っても、子供の二週間は永遠に等しいということを大人は忘れてはいけない。

・いじめっ子がわざといじめられっ子といっしょに楽しそうに振る舞うと、いじめられっ子は「自分は被害者だ」という心のよりどころすらなくなる。

・親の前では「いい子」という最後のプライドで自分をつなぎとめている子がいる。親がよかれと思っていじめに介入しても、介入の仕方によってはそのプライドを奪われ、自殺を選択する子もいる。

 

【他人を攻撃せずにはいられない人】片田珠美

著名な精神科医の片田珠美による書籍。この方もたくさん本を出されていますね。

 

・攻撃欲とは支配欲である。

・夫婦の愛がなくなっても、お互いの支配欲だけが残る場合もある。

 

・攻撃的な人を見分けるには:

–       その人といっしょにいるとぐったり疲れたり、衰弱する感じがしたり、エネルギーを奪われる感じがするか。

–        ターゲットにされると急に気力がなくなったり、罪悪感、自己不信感が強くなるか。

 

・どんな攻撃をしてくるか:

–       罪悪感を掻き立てるのがうまい。

–      わかりやすい攻撃をしかけるタイプと、巧妙に、遠回しに攻撃してくるタイプがいる。

-「受動攻撃性」を発揮する人は、こちらの言うことが分からないふりをする、忘れてしまう、またはこちらの訴えに対して何もしない、わざとことを進めるのを遅らせるといった方法をとる。

-攻撃対象のジャンルについて言及する、という方法で攻撃してくる。たとえば、「キャリアウーマンは…」「体育会系じゃない人は…」という表現を使用する。

 

・どうして攻撃をするのか:

–       ストレス耐性が弱いので、自分より弱い人間に侵入してくる。

–       「自分はすごい人」という自己愛的イメージと現実のギャップを埋められず、他人を避難して万能感に浸る。

–       まわりに恐怖感を与えるのは、自信のなさや無力感の裏返しである。

 

・どうして攻撃を受けてしまうのか:

–       家族、恋人のように相手を信じたいという願望がある関係だと、攻撃されても傷つかないふりをしたり、我慢したりしてしまうことがある。

 

・攻撃されたらどうすればいいのか:

-「誠意を見せろ」などあやふやなことを要求されたら、「具体的にどういうことですか」と冷静に聞く。

-場合によってはやり返す、という意思を見せる。きちんと怒る。

-とにかく避ける。相手にしないであきらめさせる。

 

【家族依存症】 斎藤学

有名すぎるぐらい有名な方なのでファンもアンチも多い印象ですが、やはりとても分かりやすく明確で私は好きな先生です。日本に家庭にありがちな家族パターンをメインに書かれた本。

 

・ACは人生の初期の人間関係で傷ついた人々だが、回復するときもまた人間関係が必要。

・非行、登校拒否、家庭内暴力などの問題行動は怒りによる自己表現である。

・表面上、いい子のほうが心に怒りを蓄えている。

・怒りは相手の愛を求めているが恨みは相手の破壊を求めている。その相手はもっとも愛を求めている相手でもある。

・仕事で忙しい父親は職場で自分役割を果たしたと勘違いし、同僚たちと疑似家族を作る。

・父親に放り出されて不安な母親が子供にしがみつき、子供が窒息する。

・寂しくて不幸で依存的な母親が子供にしがみつく。

・青年期は、親に向けられていた愛が自分へ向くため、自己意識が肥大する。

・自分の中の他人が、容赦なく自分を批判する。

・回復するには注意深く自分を観察し、いやだと思うことはしない。親友にしてあげるように、自分にしてあげる。

・「自分との和解」が究極の回復。

 

【アダルト・チルドレン アルコール問題家族で育った子供たち】J.G.ウォイテッツ  訳者 白根伊登恵

アダルトチルドレンに関する本の草分け的存在で、1983年に 自費出版されてから今日に至るまで売れているロングセラーです。

 

・アダルトチルドレンは:

–       社会に出ていく中で起きる問題について親と話し合わなかったため、世間知らずな人が多く、正常な状態とは何かを知らない。

–       自分を責めるのが得意技。他人には驚くほど寛容である一方で、他人の行動を連続体として見ることができない。

–       ACは責任をとりすぎるか、とらなさすぎるかのどちらか。家族メンバーが各自で分担しあって成果を組み合わせる経験をしていないので、全部一人でやるか全然やらないかのどちらかになる。

 

・回復中の人が注意すべきこと:

–       回復は非常に破壊的なプロセスであり、前の自分には戻れない。

–       親密な人がいなければ、回復が終わるまで人と接点を持たない。

–       親密な人がいるなら、自分に起きつつある変化を相手に伝える。相手にとっても自分の変化は大きなものなので、相手もあなたとの付き合い方を変える必要があるため。

 

・回復のプロセスの途中で味わう感情:

安堵 自分のような人間がほかにいることを知ったり、自分が異常ではないことを知ったりしての安心感

苦痛 自分の今までの偽りの生活に対す手の打撃

憤怒 今まで抑えていた怒りが噴き出す

悲嘆 失ってしまったものを嘆く

歓喜 回復の喜び