世界で一番幸せな人たちが、孤独感をなくすためにおこなっている驚くほどシンプルな方法

海外ニュースにこんな記事がありました。

The world’s happiest people have a beautifully simple way to tackle loneliness

(世界で一番幸せな人たちが、孤独感をなくすためにおこなっている驚くほどシンプルな方法)

デンマークの取り組みです。

日本にも似たような場は沢山ありますが、自助グループのような「病気や依存から回復する」ことを目的としたものがほとんどで、シンプルに「孤独感をなくす」ことを目的としたものは少ない気がします。

この取り組みは15-30歳を対象としていますが、引きこもりの高齢化が進んでいる日本では、もっと上の年齢にまで対象を広げても良いのかもしれません。

元の記事

https://qz.com/1591563/the-danish-have-designed-a-simple-way-to-cope-with-loneliness/

以下ざっくり概要の訳です。

「世界で一番幸せな国」として名高いデンマークですが、同国の若者の10人に1人は孤独感を感じているとの調査結果が出ました。これは他国とほぼ同じ割合です。

この問題をなくそうとしているVentilenというボランティア団体は、現在国内36か所で、人とのつながりを求める若者(15-30歳)のための居場所を提供しています。

Ventilenが提供するのは「若者のための居場所、アクティビティ、そしてそのアクティビティを一緒におこなう仲間」のみ。拍子抜けするほどシンプルですが、1999年から始まったこの取り組みは徐々に広がりを見せ、今では政府の援助を受けて活動しています。また、国内の高校にVentilenのボランティアスタッフが出向き、勤務している教師に対し、若者が感じている孤独感について定期的にレクチャーをおこなっています。

活動当初はただ人が集まるだけで、誰も会話をしようとしませんでしたが、やがてゲーム、食事づくり、エクササイズといった活動を皆で一緒にするようになり、参加者の間で会話が広がるようになりました。特に、食事を一緒に作ると共通の目的ができるうえ、自然と会話が生まれるようになったのことです。

年間およそ700人が参加しています。参加者の割合は男女が約半々で、平均年齢20.9歳。Ventilenがとったアンケートによると、参加者の70%が「孤独感が減ったと感じる」と回答しています。また、参加者の74%が「自己肯定感が上がったと感じる」、64%が「ソーシャルスキルが上がったと実感している」、80%が「他の人ともつながりを広げたくなった」と答えています。

Ventilenは、依存症や精神疾患からの回復を目的とはしていません。精神疾患をもつ参加者が多くなりすぎると会の主旨からずれる恐れがあるので、初参加のメンバーは事前にボランティアスタッフの面談を受けます。また、「参加者の自活」を目的としているため、参加費は自費となっています。

参加者の一人、Kasper君はうつと不安で悩んでいて、高校生活でも孤立していました。ソーシャルスキルが不足している自覚はあったもののどうしたらよいか分からず、インターネット依存症になりましたが、SNSなどを見ると誰もが幸せそうに見える情報しかアップしないので、ますます気が滅入ったそうです。Ventilenで、「本当に良い友達を何人か作ることができた」とKasper君は話します。

学校に居場所があると感じられず、孤独感を強めている若者は沢山います。その若者たちに対して、「学校がすべてではない」「自分の居場所はちゃんとある」ということを伝えることが、彼らを孤独から救うために有効な方法です。

うつの予防のためにできること「自分のトリガーを知る」

田中圭一さんの漫画エッセイ「うつヌケ」には、田中さん自身がうつを克服したあと、自分にとってうつの引き金となるのは「激しい気温差」ではないかと気づくシーンがあります。

うつ病の人でなくても天気や気温は個人の気分に大きく影響しますが、その影響を人より受けやすいかもしれない、と気づくのはとても大切なことですよね。

人によって、何がきっかけで気分が落ちるかは様々だと思います。

でも、それを自分のトリセツとして把握しておくだけでも対策のしようがあります。

・残業が週〇時間を超えると睡眠時間が確保できず、メンタルにも影響している気がする。

・お酒を飲みすぎると、翌朝起きたときにどっと気分が落ち込むことが多い。

・引っ越しや転職など、環境が大きく変化した後はしばらく調子が悪かった。

自分を注意深く観察していると、例えばこんな傾向に気づくのではないでしょうか。

知っておけば、あらかじめ業務量を調整したり、摂取する物に気をつけたり、大きなイベントのあとはしばらく予定を詰め込まないようにするなど融通が利きます。

が、うつの人たちの中には、こうした自分の傾向に気づいていても、結果的に自分を酷使してしまうことがしばしばあります。

その理由としては、

・周りの期待に応えるために断れなかった

・「この程度のことで気持ちが振り回される自分はだめだ」と思った

というものが多いようです。

「周りの期待に応えるために断れなかった」という人の場合

たしかに、周囲の期待を裏切ったり、周りが盛り上がっているのに対して「ちょっと待って」とノーを言うのは勇気が要ることかもしれません。

ただ、我慢して無理を重ねて自分が倒れてしまったりしては、結果的にはもっと迷惑をかけることになるかもしれません。

「これ以上がんばったらまずいかも…」「このチャンスを逃したら次はないかも…」というのは、あくまで目先の利益しか見ていない場合の判断であることがほとんどです。

半年間、100点を出すよりも、3年間のあいだ70点、80点を出し続けられるよう、時には勇気をもって休養することが必要かもしれません。

そして、自分を大事にメンテナンスするためにノーが言える人は、長い目でみれば自己犠牲的な人よりもずっと尊敬されることも多いのです。

「この程度のことで気持ちが振り回される自分はだめだ」と思った人の場合

とにかく自分に厳しい人だと、不調を感じる自分にダメ出しをし、どんどん自分を追い込む傾向があるようです。

でも、「なんだか調子が悪いかも」「これ以上無理したらまずいかも」という直感は大抵当たっています。「意外と乗り切れたな」と思っても、ラッキーは続きません。いずれどこかで無理が出てきます。

気が付くと体のどこかが常に痛いのが当たり前になっていたり、

家族に八つ当たりするのが習慣になってしまっていたり、

ある日突然ベッドから起き上がれなくなったり…

ということは誰にでも起きる可能性があります。

毎日の睡眠が7時間を切るとどうも調子が悪い、という人であれば7時間睡眠は死守するべきです。

4時間睡眠でがんばっている人がいたとしても、7時間寝ているあなたがダメということではありません。それがあなたの体質であり、特質だからです。

猫は一日12時間以上寝ますが、馬は一日3時間睡眠でも平気です。だからといって猫が劣っているわけではなく、ただそういう性質をもった動物だというだけです。

ゴールを達成したり、ゴールが見えてきて嬉しいはずなのに…Xさんの場合

Xさん(30代女性)はまじめで責任感が強く、周囲に気を遣うタイプ。

自分より他人を優先する傾向が強く、そのせいで抑うつ傾向がありましたが、

「他人の希望より自分の希望に立ち戻ってみる」

という考えをできるだけ取り入れるようにカウンセリングをすすめ、最近では比較的落ち着いて生活できるようになってきていました。まじめで努力家のXさんは仕事でも優秀で、こつこつと目標を達成するタイプだったので、思ってもみないラッキーなチャンスが彼女のもとに舞い込みました。

それは、彼女がここ数年間、「こうなったらいいのにな」と望んでいたようなチャンスでした。そんなチャンスが手に入ることを、少し前までは予測もできませんでしたが、彼女のがんばりを見ていた人がチャンスをくれたのです。

チャンスをくれた人の期待を裏切りたくない、という気持ちもさることながら、Xさんの中にはなぜか虚しさのような気持ちが出てきました。また、以前は不安が強くなると過食しがちになっていたりしましたが、その過食傾向はないとのことでした。むしろ、食べ物に対する興味が薄れたような感覚があり、それも不安の一因となっていました。

「目標を達成できそうなのに不安だなんて」

ととまどうXさんでしたが、これは実はとてもよくある心理パターンです。

Xさんのような方にとって、「悩むこと」はある意味習慣化しています。いってみれば慣れ親しんだ状態です。

でも、ゴールを達成した未来というのは、悩みがなくなる状態をあらわします。

そうなると、その未来はXさんが慣れ親しんだ環境ではなくなります。

人は変化を本能的に避けようとします。目標を達成したら、燃え尽きてしまうのでは?達成せず、今のまま、少しの不自由さを感じている状態のほうが実は幸せなのでは?と、幸せにならないほうに誘導する、もっともらしい声がしょっちゅう聞こえるようになったり、一時的に無気力になったり、今まで好きだったものに興味がなくなったりします。

でも、それはごく自然なことであり、プロセスの一部です。

要は、「ゴールを達成した状態の自分に慣れましょう!」ということです。

ゴールを達成するには、すでに達成したときの自分を繰り返し想像することが大事、とよく言いますが、それは目標を達成した状態がいざ目の前にあらわれても本能的に避けてしまわないよう、イメージトレーニングをして慣れておくという効果もあるのですね。

それから1か月後、Xさんは「まだ少し不安はあるけど、チャンスが来たから思い切り生かそうと思えるようになりました」と話していました。

田中圭一さんの漫画エッセイ「うつヌケ」を読んで

田中圭一さんの「うつヌケ」を読みました。自身のうつ経験と、同じようにうつ病にかかり、克服した著名人へのインタビューをまとめた漫画です。

漫画なので読みやすく、うつ病にかかり、回復するまでの気持ちの変化が分かりやすく描かれています。家族や友人がうつにかかり、何か助けになりたい、どんな価値観を持ち、どんな気持ちを味わっているのかを理解したい、という人にはおすすめの本だと思います。

ただ、うつ病にかかっている当人が読んで何か助けを得られるかというと、必ずしもそうではないのではないかと感じました。

まず一つには、この本に登場するのは作家や漫画家など、社会に出て活躍しており、そのキャリアを積む途中で突然うつ病にかかったという方がほとんどです。

実際にはうつ病は誰でも、どんな立場の人でもかかる恐れのある病気ですから、現在うつ病を患っている人の中には、「自分はこの人たちほど社会に出て活躍しておらず何も生み出していないのに、うつ病にかかってしまった」と、状況の違いをマイナスにとらえてしまう可能性があると感じました。


また、登場人物の多くはゆっくり回復するための時間や経済状況、助けを申し出る家族や友人といったリソースに恵まれています。周囲のあたたかい見守りや声かけをきっかけにうつ病から抜け出せた、という経験談が多く含まれていました。

その一方で、うつ病は、周りの理解を得るのに時間がかかる病気だと思います。家族から「ただ怠けているだけだ」「甘えのあらわれだ」と理解のない言葉をかけられたりする人は少なくありません。

それは一概にその人の家族が悪いというわけではなく、ただ理解しにくい病気だということが大きな理由だと個人的には思います。傍から見れば、血を流しているわけでも、立ち上がれないほどの高熱を出すわけでもない病気なので、大病をしているようには見えない人もいます。

また、うつ病患者は生来まじめで周囲に気を遣う「いい人」が多いので、家族がその「いい人」像を忘れられず、どうか元に戻ってほしい、病気であることを認めたくない、という気持ちから、つい「大した事ないのでは」といった発言をしてしまうせいもあるでしょう。

話が少しそれましたが、本人の状況を周りがすぐに理解し、見守り、適切なタイミングで適切な言葉かけをするというのは、よほど恵まれていない限り望めない環境ではないかと感じます。まさに今、うつで苦しんでいる人の中には、「この人にはあたたかい家族がいるのに、自分は…」と、比較してさらに落ち込みを深めてしまう人もいるのではないかと思います。


この本にもある通り、うつにかかりやすい人のタイプは共通点があっても、うつにかかったきっかけや症状、置かれている環境、回復までの過程は千差万別です。つまり、その人に合う回復方法は一人ひとり異なり、「これさえやれば治る」「この人と同じようになれば治る」というものではありません。いわばオーダーメイドの回復方法が必要なわけです。

これはその人に合った薬を病気の専門家である医師が処方するように、心の回復の専門家と一緒に歩むべきプロセスではないかと感じます。


以上の理由から、「うつヌケ」は「うつ病を理解したい人にはおすすめ、うつ病からの回復を目指す人にはおすすめしない」と感じました。

パートナーに親を求めていませんか?


「年齢も年齢だし、婚活しなきゃ…」
「一人は寂しいから、パートナーが欲しい」

パートナーが欲しいという気持ちから、とりあえず婚活パーティーに行ってみたり、アプローチされた相手と付き合ってみたりする方は多いと思います。


行動を起こすことはとても大事です。特に、「パートナーなんかいらない」と自分の気持ちを見ないふりし続けてきた人が「やっぱり結婚したい!」と素直になったり、異性と接することに緊張してしまうあまり、出会いの場を避けてしまってきていた人が、勇気を出して婚活会場に足を運ぶということはとても大きな前進です。


まずは自分の気持ちに向き合ったこと、そしてそれに従って行動を起こそうとしていることをちゃんと自分で褒めてあげてほしいなと思います。


その上で、「自分にとってパートナーってどんな存在なんだろう?」と考えてみてもらえればなあと思います。


嬉しいこともつらいことも、なんでも共有できる人。悲しいことがあったとき、黙って話を聞いてくれる人。がんばったら褒めてくれる人。少し悪さをしても目をつぶっていてくれる人。経済力のある人。ちゃんと働いているまっとうな人なら誰でもいい。自分のことを好きになってくれる人。好みの顔ならどんな人でも許せる。


色々なものが浮かぶかもしれません。でも、


「お父さんのような存在。自分のすべてを受け入れてくれて、甘やかしてくれて、困ったときは助けてくれて、いつも支えてくれるような人」


「優しくて、遅くなっても寝ずに帰りを待っていてくれて、食事を作ってくれて、いつも味方でいてくれて、見守ってくれる人。母親みたいな存在かな。自分の母親は正反対のような人だったから」


といったイメージがまず出てきた場合、もしかしたらパートナーというよりも本当はお父さん、お母さんを求めているのかもしれません。


もちろん、パートナーに父性や母性を求めるのは自然なことです。


ただ、その求め具合があまりに強すぎたり、性的なイメージ、一人の人間としてのイメージをパートナーという存在に対してほとんど持っていない場合は、パートナーを見つけてもその相手を父親・母親代わりにしてしまう可能性があるかもしれません。


この場合は、相手に自分の欲求を埋めてもらうよりも、自分で自分の気持ちを満たしてあげたほうが、婚活はうまくいくかもしれません。


出会いを求めるときは、やはり相手には男性/女性として魅力があったり、一人の人間として素敵だな、と思ってほしいものですよね。


「お父さんの代わりをして欲しい」や、「お母さんからもらえなかったものを欲しい」という気持ちをたくさん抱えた相手にアプローチされたら、戸惑ってしまうのではないでしょうか。


良いパートナーシップは、毎日をあたたかく照らしてくれる本当に素晴らしいものです。それは、相手を親代わりではなく一人の人間として愛するからこそ叶うものです。


親への未消化の気持ちがあると感じたら、すてきなパートナーシップを迎えるためにも、その気持ちを手放す準備をしてみませんか。