A.W.シェフ 「嗜癖する社会」

 

A.W.シェフについて:

Anne Wilson Schaef|1980年代の半ば以後、嗜癖の領域で活発な講演、著作活動を展開しているアメリカのセラピスト。「リビング・プロセス・ファシリテーション」という機関を運営して精神保健専門家の指導にあたっている。

 

日本では1987年に出版された本ですが、依存症について

わかりやすく解説してあります。

興味深い点を以下にいくつかピックアップします:

 

依存の種類には大きく

 

  1. Substance(物質)
  2. Process(行動)
  3. Relationship(関係)

 

があり、

 

Substance:お酒、薬物、食べ物など

Process:ギャンブル、自傷行為、ワーカホリック、買い物、お金をひたすら貯めるなど

Relationship:共依存など

 

となります。

 

中でも、「共依存」という関係性に関する依存はよく聞く言葉ですよね。

 

共依存という言葉は心理業界の業界用語のようなところから始まり、

それが自助グループなどを通して一般の方へも広まっていきました。

 

過度に相手を自分に頼らせようとすることも、

また過度に相手を頼ろうすることも共依存といえます。

 

自分を頼らせて離れられないようにしたり、

また、自分の面倒を見ざるを得ないようにして

相手をコントロールしようとしています。

 

「嫌いだけど一緒にいる」

「もう別れようと思っているのに、別れられない」

 

といった、行動と感情が相反しながらも一緒にいることも

特徴の一つです。

 

あらゆる嗜癖は、親などの存在に対する感情が

満たされなかった場合に登場します。

 

依存する人(嗜癖者)は、自分が無力な存在だと

無意識に感じており、自分の人生に対して責任を

持てないと思っているので、ひたすら救いを待ちます。

 

そして救いを待っている間にも、嗜癖は悪化していきます。

または、自分の無力感を認めたくないことから、人やものを

支配、コントロールしようとします。

 

嗜癖行為をしている間は自分と向き合わなくて済むため、

嗜癖者は自己中心的で、他人に気配りできなくなることが

多いです。

 

他人と自分の境目があいまいであり、白黒思考も特徴的です。

 

支配されることや、支配に従うことが愛情だと思っているので、

「自由にしていいよ」「自分で決めていいよ」と言われると

とまどってしまいます。

 

様々なことをコントロールしておかないと不安になって

しまうのですが、物でも人でも完全にコントロールすることは

不可能です。

 

そして「コントロールできない」という気持ちから、今度は

抑うつ感情が生まれます。

 

回復のためには

・嗜癖を認めること

・人生はコントロールできないものだと悟ること

から始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です