親の過干渉は、「あなたはダメな子」というメッセージになる

親としては、できるだけのことをしてあげたい、という気持ちがあるのかもしれません。

でも、それはあくまでも「親」がしたい行為であり、「子供」がしてほしい行為ではありません。

親の子供への過干渉は、「私はあなた(子供)の能力を信用していません」というメッセージになります。

アメリカの国立認定カウンセラー委員会(National Board for Certified Counselors)が発行している隔月刊誌のウェブサイト、Psychology Todayにこんな記事が載りました。(以下、ざっくりとした要訳です)

The New York Times broke the news of this years latest scandal: the college admissions fraud that has led to 50 indictments. The government called the investigation Operation Varsity Blues, and employed 200 agents nationwide. The murky tangle of bribes and fraud involved parents, coaches, college adminstrators, and the consultants paid to make it happen.

アメリカで、複数名による名門大学への不正入試が明るみになりました。子供の両親、コーチ、大学管理者、コンサルタントまで巻き込んだ大掛かりな賄賂と詐欺が横行していたようです。

Making use of the typical practices of elite universities, which frequently use lower academic standards for recruited athletes, coaches were able to request certain unqualified students in return for bribes. Photoshopped and falsified athletic records helped.

子供がアスリートの場合、成績が振るわなくても大学側のリクルートによって入学できるため、コーチは学力が合格基準に届かない生徒も、賄賂を受け取って入学させていたそうです。アスリートとしての成績も偽装したり、子供の写真をフォトショップで加工するといった行為も横行していたそう。

For $15,000-$75,000 per test, college exam administrators helped kids cheat on their entrance exams. Whether it was correcting their answers, feeding them answers, or letting someone else fraudulently take the test for them, this price bought good scores.

入試監督者は1万5000-7万5000ドルの賄賂を受け取り、子供の入試回答を正答に直したり、あらかじめ答えを教えたり、替え玉受験をさせていたそうです。

William Singer founded Edge College & Career Network, referred to as The Key, a college preparatory business through which he helped almost 800 families buy their kids’ way into top schools, typically without letting the kids know what was happening on their test scores.

塾経営者のWilliam Singer氏は約800の家族に対し、不正入試を勧めました。ほとんどの場合、子供たちは自分たちの成績が下駄を履かされていることを知らされてなかったそうです。

We live in a culture of intensive parenting that values a child’s comfort, self-esteem and success above all else, and holds the parents entirely responsible. Perhaps this is exactly what we can expect people to do in a culture like this. Yes, the price tag is astonishing. $1.2 million to get admitted to Yale makes little sense if you consider the expected return on investment. But that parent made sure to get their child what they believed they needed, even to the point of a criminal fraud.

アメリカ社会では子供がのびのびと自己肯定感を持ち、成功できるよう育てることが重視されますが、親の行き過ぎた干渉の結果、こういったことが起きるのは想定内だったかもしれません。例えば名門イェール大学に入学するには120万ドルかかりますが、この投資の見返りは期待薄であったとしても、子供にとって必要(と親が信じている)なものを与えるため、不正行為に及んでしまうことも辞さなくなってしまうのです。

Whether they saw it or not, these parents paid another price when they chose to do this: their child’s hope of confident independence. Does it serve this young adult to go to a school for which they are not matched, to struggle with an academic challenge for which they are not suited? Will their parent bribe their professors to make sure that they continue to have grades that are above their ability, all in the interest of self-esteem?

今回の不正行為は、高額な支出であるだけでなく子供の自信と主体性を奪います。子供の自尊心のために成績に下駄を履かせて良い大学に入れても、結果的に子供は自分の学力と見合わない環境で苦労することになるからです。

The responses on social media have been swift and insightful. One former Ivy League college professor who wished to remain anonymous wrote, “I love this college admissions scandal so much. What the hell kind of parents are these? “Listen, kid, you’re too dumb to get into a college we can brag about on your own, and physically speaking you’re frankly an embarrassment, so we’re gonna bribe some coaches and photo shop your head on to an acceptably athletic body. Love yoooooooooou!”… I can’t imagine how the kids in question feel about their parents lack of belief in them.”

SNS上では、アイビーリーグの教授が匿名のコメントで「今回の事件を起こした親たちは、子供に向かって『ねえ、あなたは私たちが自慢できるような大学に入るためにはバカすぎるし、はっきり言ってあなたは家族の恥なの。だから私たちはコーチに賄賂を送って、あなたの写真を加工しておくわね。これはあなたのためなのよ。愛してるわ!』というメッセージを送る結果となった。こんなことをされた子供たちはこれから一体どうやって親を信じていけばいいのだろう」と発言しました。

I can only imagine how these college kids are going to feel. Particularly the ones who were unaware of the way their applications were doctored. Their parents’ criminal actions send a very specific message: Sweetheart, you are just not good enough. We don’t believe in your abilities.

特に、親のやっていたことを知らなかった子たちの気持ちは想像を絶します。彼らの親がおこなった今回の犯罪行為は、まさに過干渉な親から子への、「あなたは能力不足だから信用できない」というメッセージなわけです。

This scandal is upsetting and unfair to everyone. It’s unfair to the kids who did not get a place that was rightfully theirs because of fraud. It’s unfair to the kids whose parents did this without their knowledge and now have to live with humiliation.

今回のスキャンダルは不正行為のせいで本来であれば入学することができた子供たちにとっても、不正行為をおこなった親の子供たちにとっても不公平な話です。親の不正行為を知らなかった子供たちは、今後ずっと屈辱を感じながら生きなくてはならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です