カウンセラーの、頑張っていることに気づいていない人たちの見分け方

カウンセラーの、頑張っていることに気づいていない人たちの見分け方

カウンセリングをしていると、
「この人はものすごく頑張ってきたんだな」と
思うことがよくあります。

親から十分愛されてこなかったのに、一生懸命親を理解し、愛そうとしている人。

自分の今の感情も分からなくなってしまうほど、いろんなことを我慢して、耐えてきた人。

身体を壊すほどハードワークをしてきているのに、尚も働き続けようとする人。

「カウンセリングは、もともと真面目な人がもっと真面目になろうとして来る場所」

なんて言葉もあるぐらい、まじめで一生懸命な努力家が多いです。

「自分はすごく頑張ってきて、今ヘトヘトです」

という自覚がある人はいいのですが、

自分がどれほどがんばっているか、自覚がない人たちも沢山います。

擦り切れそうなぐらいがんばってきて、でも自覚がないので、

「なんだか調子が悪い」
「最近何をしても楽しくない」

といった理由でいらっしゃることが多いです。

がんばっている自覚があるかないかを見分ける質問として、

「とても頑張ってこられたんですね」

と聞くときがあります。

我ながら頑張ってきた!
頑張ってきたことをそろそろ認めても良いのかも。

こう感じている人は、

「(少し照れた様子や、うれしそうに)そうなんですかね…」
「ありがとうございます」

と言いながら、ほっとした様子で笑顔を見せられることが多いと感じます。

こちらの承認(誉め言葉)を、ちゃんと受け取ることができているんですよね。

一方、自分が頑張ってきている自覚がない人の場合は、

「いやあ…」
「(無表情か、ぼんやりとした感じの表情で)そうなんですかね…」
「そんなことないです」
「他にもっとがんばっている人いるし…」
「大した事はしてないんですけど…」
「ありがとうございます、でも、これぐらい出来て普通かな…」

こんな反応がかえってくることが多いと思います。

誉め言葉を素直に受け取れない、
受け取ったように見せているけどどこかで否定している感じ。

そして、周りと比較し、せっかく積み上げてきた努力も無に帰そうとしている印象を
受ける反応だと思いませんか?

「とにかく頑張れ」「そんなことでどうする」と叱咤されることが多かったり、
「Xちゃんはもっと出来るのに」と比較されたりしてきたら、

頑張っていることを素直に認められなくなるのも当然ですよね。

でも、それを続けると

「なんだか調子が悪い」
「最近何をしても楽しくない」

ということが増えてくるんです。

「謙遜は美徳」とする日本的精神も悪いものではないかもしれませんが、
自分の調子を崩してまで大事にするべき美徳でしょうか。

褒められたら、とりあえず「ありがとう」と受け取ってみるところから
始めるのはどうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です