なぜか分からないけど「自分のせい」だと思ってしまう理由

上司が不機嫌そう、
親が疲れた声で電話をしてきた、
パートナーが仕事でイライラしている、
友達が困っていて不安そう…

こんな人が近くにいると、なんだか気分が落ち着かないと
感じることがあるかもしれません。

マイナスの感情に揺れている人が近くにいると、
自然と気になってしまいますよね。

気になるだけならまだ自然なことだと思います。

でも、

「相手が不機嫌なのはなんだか自分のせいのような気がする」
「自分は関係ないはずなのに、何かしなくてはいけない気がする」

と感じるとしたら、少し注意が必要かもしれません。

頭ではきっと、自分には関係ないことだと分かっているのです。

でも、心がざわざわして、
相手のマイナスの感情が自分のせいのような気がしたり、
自分が相手に何か働きかけなくてはいけないと思うとしたら、

それは相手と自分の間の境界線(バウンダリー)が引けていない
ということです。

相手のマイナスの感情は、あくまでも相手の問題です。

でも、それを自分の問題かのように感じてしまうのは、
相手と自分の感情の境目があいまいだからです。

あいまいになってしまうのは、

「お母さんはいつも不幸そうだった。子供ながらに、
それを見ているのがイヤで、無理やりピエロ役をして
励まそうとしていた」

「お父さんにはいつも理不尽なことで怒られた。
お父さんの機嫌がいつも悪いのは自分のせいなのかも、と
思ってよく落ち込んだ」

といった体験がある場合が多いです。

子どもは、親と自分は別の人間であるという感覚が
薄いです。

その感覚を持ったまま大人になると、他人と自分は
別の人間であり、自分は他人の感情にまで責任を
持つ必要はないという意識が薄いまま成長してしまいます。

不機嫌な人を見過ごしたり、関係ないと割り切ったりすると
自分が冷たい人間のように感じるかもしれません。

または、割り切ったことによって、何か悪いことが
起きると感じてしまうかもしれません。

それでも、どんなに近い仲でも相手の感情は相手のものです。

相手の感情に対して何かしなくては、と責任をとろうとして
しまうと、相手は依存的になってきたり、「機嫌をとってもらって
当然」という態度になってきたりします。

そしてあなたはますます苦しくなってしまいます。

相手の感情は相手のものであり、同じように自分の感情も
自分のものです。

マイナスの感情を持っている相手をそのままにしておくことは
冷たいことでもこわいことでも何でもなく、ただ当然のことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です