なぜかパートナーとうまくいかないとき

一番近い他人、といって良い存在に「パートナー」があります。

この「一番近い他人」というのが本当に曲者だなと最近よく感じます。

家族以上にいつも一緒にいたり、心を通わせたりしているのに、他人。この関係をすんなり楽しみ、続けられる人もいれば、どう頑張ってもうまくいかない…という人もいるかもしれません。

うまくいく人は、身近にとてもいいお手本があったのかもしれません。

両親はいつも仲良しで、お互いを尊重しあい、とても幸せそうだった。

両親じゃないけど、お姉さんとボーイフレンドはいつも二人で楽しそうで羨ましかった。

こんなモデルを身近で見てこられた人は、自分にいざパートナーができたら、相手をどう扱えばいいか想像しやすいのではないでしょうか。

でも、もし両親がいつも喧嘩していたり、冷戦状態だったり、いがみあっていたりしていたら。

あるいは家庭の中にお父さんまたはお母さんが存在していなかったり、一緒に暮らしてはいたけれどいつも不在だったり、あまり一緒に過ごした思い出がなかったりしたら。

あるいは、いつもお母さんから、お父さんの悪口を聞かされていた。お父さんがお母さんを見下すような態度ばかりとっていた…。

こんなモデルを身近で見てこられた人はどうでしょう。

家庭、パートナーシップというものに対して、憧れが持てないまま大人になるかもしれません。

「両親のようになりたくない」と強く思っても、他のモデルを知らないので、どうしたらいいか分からないかもしれません。

または、いやだと思っていても無意識のうちに親と同じような行動をとるようになるかもしれません。

子供のころ親に対して抑えていた感情が爆発し、親に向けるべき感情をパートナーに向けることが多いかもしれません。

どれも、理想のパートナーシップからは離れていってしまうように感じませんか?

パートナーとの関係に悩んだら、自分の両親の関係はどうだったか、それを見ていて自分はどんな気持ちだったかを丁寧に扱ってみると良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です