いじめの経験から、対人関係の不安が強いYさんの場合

40代女性のYさんは両親からちゃんと愛された記憶が薄く、自己肯定感が低いまま成長し、学校では数々のいじめに遭ってきました。社会人になってからは対人スキルを少しずつ身につけ、激しいいじめに遭うことはなくなったものの、今でも「人がこわい」という気持ちがどこかにあり、人の輪に入るときにはとても勇気がいるとのことでした。

最近、参加するようになったある趣味のグループでイベントがあり、Yさんはそのイベントに出席したいと思っていました。その趣味のグループも、はじめのうちはなかなか心を開けずに緊張のしどおしでしたが、さいわいあたたかいメンバーの人たちに助けられ、少しずつ雰囲気に慣れてきているところだったので、イベントへの参加も楽しみにしていたのです。

が、イベントの日が近くなってから、「申し訳ないんだけど、参加人数が多すぎるので初心者の人、日が浅い人は遠慮してもらえないか」という連絡が主催者からありました。Yさんはしぶしぶ参加のキャンセルを承諾しました。が、参加できずに残念だという気持ちとともに、「もしかして、『参加しないで』と言われたのは自分だけなのではないか。自分を仲間外れにしようとしているんじゃないか」という思考が浮かびました。その考えはどんどん頭の中で膨れ上がり、仲良くしてくれたメンバーたちも、本当は意地悪な人たちだったのではないかと思い始め、「いい大人なのに情けないのですが、その場で涙が止まらなくなってしまいました」と言います。

結局、出席者が多すぎて他にもイベントに参加できなかった人たちがたくさんいたことが分かり、その思考はYさんの思い込みだったことが分かりました。Yさんは「メンバーの人たちは本当に良い人たちなのに、疑ってしまった」と自分を責めました。が、何度となくいじめに遭ってきたYさんにとっては「自分だけ仲間外れにされているのでは」という不安が頭の中を占めてしまったのは、自然なことかもしれません。

不安はとかく嫌われやすい感情ですが、正常な感情です。「同じ失敗を繰り返して傷つかないように」と、心が警告を出しているようなものです。過去の失敗や心の傷みを完全に忘れてしまっては、同じ失敗を繰り返して、もっと傷つくかもしれないからです。不安が沸いてきたら、「もう一人の自分が警告を出している」と客観的にとらえてみるだけでも違うと思います。そのもう一人の自分に対して、「そうだね、不安だよね。また失敗するかもしれないけど、でも挑戦してみたいんだよね」「また傷つけられるかもしれないけど、過去に出会ったあの人と、目の前にいるこの人は別人。もう一回、人を信じてみたいんだ」と伝えてみます。「そんなこと言っても、絶対にまた傷つくよ…」という葛藤が生じるかもしれません。でも、その葛藤も味わいながら、自分の中で対話を続けてみてください。その場で結論が出なくても、今回は挑戦を見送ったとしても、少しずつ不安をコントロールする力がついていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です